【簡単解説だれでも分かる】いぼ治療の完全ガイド!

サイトメニュー

種類と療法

顔に触れる女性

いぼにはウイルス感染でできたものとをそうでは無いものがあります。例えば、首にできるようないぼは感染性がない皮膚の良性腫瘍のものが多いことが少なくありません。また、首いぼの種類には通常、見た感じや大きさなどによってその呼び方は変わってくるのですが、そのいぼの性質そのものは類似しているのです。ただしいぼの大きさが違うことからその治療法も異なってきます。いぼができる主な原因は、年齢は加齢することによることが多いようなのですが、摩擦や紫外線などの影響によって肌荒れが進むことになり、いぼはできやすい状態になってしまうことが多いのです。ただ基本的にいぼは治療可能なのもものでありますので、皮膚科などに受信することによって治療は可能です以下に方法について説明します。まずアクロコルドンといういぼですが、これは小さくほとんど盛り上がっていないような状態のいぼでその色は褐色です。このいぼの主な治療方法は、液体窒素で冷却をした特殊なピンセットでいぼを凍結させます。そうするとそのいぼは3週間ほどでカサブタになってしまい、自然治癒をします。小さないぼであれば、場合によってはハサミなので切除することはありますが、出血することはありません。 その他の治療方法の場合には、炭酸ガスレーザーによっていぼの組織を蒸発させるという治療方法もあります。次にスキンタッグといういぼですが、このいぼは少し大きくなり、皮膚から飛び出しているような状態になっているいぼです。このようないぼの基本的な治療方法は、前述のようなとアクロコルドンといういぼと同じような方法になります。次に軟性線維腫という種類のいぼですが、このいぼは5ミリ以上の直径を持っているいぼのことでこのいぼの治療方法は基本的には炭酸ガスレーザーによる治療になります。この場合、局所麻酔をして炭酸ガスレーザーによっていぼを根本から焼切るという方法になります。これは意外ないぼは基本的には手術をすることによる治療になります。手術の場合には、局所麻酔をしていぼを根本から切り取ってしまい、その後縫合するという形になります。その他にも、いぼの治療方法はいくつかあるのですが、その治療方法は保険適用されるかどうかでその費用はかなり変わってきますが、そのいぼの種類や大きさによって最も適した治療方法選択することが大切になります。

Copyright© 2019 【簡単解説だれでも分かる】いぼ治療の完全ガイド! All Rights Reserved.