【簡単解説だれでも分かる】いぼ治療の完全ガイド!

サイトメニュー

レーザー治療とは

顔に触れる女性

医療用レーザーを活用するいぼの治療というものはいぼの部分だけを瞬間的に蒸発させて治療します。いぼの大きさによっては局所麻酔を使うことがあります。このレーザー治療法は出血はほとんどなく、術後は幹部に肌色のテープを貼ることになります。このレーザー治療法によっていぼを治療した後は、数日から数週間でそのいぼの部分はかさぶたとなって自然に剥がれていきます。ただ、その時点では若干赤身が残っています。いぼを切除した直後は多少陥没する場合がありますが、その陥没している部分は周辺から徐々に修復されていき、 3カ月から半年ほどでほぼ完全に皮膚の表面は平等になり、徐々に治療の後はわからなくなってきます。そして赤みなどもほとんど消失してしまいます。いぼの治療に使われるレーザーにはCO2レーザーやスイッチYAGレーザーなどの医療用レーザーを使用します。このCO2レーザーはいわゆるレーザーメスと言われるものです。照射することによって、いぼの組織内の水分を蒸発させてしまい、いぼを除去して治療するという方法です。QスイッチYAGレーザーはメラニン色素を持っている細胞だけにはしてその色素を除去する作用があるため、このような作用をいぼの色や形、そして大きさやできている部位などによって使い分けることによって、いぼに対する効果的な治療を行うことができるのです。どの治療が自分に合っているかは、美容整形外科で相談してみましょう。しっかり説明してくれるはずですよ。

Copyright© 2019 【簡単解説だれでも分かる】いぼ治療の完全ガイド! All Rights Reserved.