【簡単解説だれでも分かる】いぼ治療の完全ガイド!

サイトメニュー

首のいぼについて

看護師

人間は年齢を積み重ねていくと身体についての悩みも変化していきます。例えば40代ぐらいになると、ホルモンの減少や免疫力の低下などの問題が出てきて、身体のあちこちに様々な変化が起きるものです。そのような変化で困ってしまう悩みの人に首いぼがあります。これは首の周辺に小さいいぼのようなものが数多く出来る症状です。若いころにはなくても、 40代ぐらいになってから突然首いぼをでき始めてくりしてしまうような人やその首いぼは腹などに擦れる度に痛くて苦痛を感じる人もいます。このような首いぼは形によってその呼び名が違ってくるのです小さいいぼアクロコルドンとかスキンタッグといったような名前で呼ばれています。大きないぼは軟性線維腫と呼ばれています。このようなきになる首いぼの正体は皮膚の繊維や脂肪などによってできているのです。しかし、このような首いぼはほとんどの場合、良性の腫瘍であるため心配をする必要がありません。しかし、その見た目で悩んでいる人は数多くいらっしゃいます。首いぼの原因はほとんどの場合、肌の老化をその原因になっていると考えられています。そのような肌の老化の原因やその老化を加速させて使う原因として、紫外線の影響を受けていると考えられます。また、このような首という場所は特徴から洋服の襟などがすれてしまったりストールなどの摩擦が、首の皮膚に負担をかけてしまっており、そのようなことにより、肌の老化を進めてしまっている可能性があります。しかし、たとえ若い人であっても、人によっては首いぼができやすいような体質の人もいますので、若い人でも注意は必要になります。このような首いぼは放っておいても特に害になるような事はありませんが、その見た目が気になってしまうような場合には、皮膚科などへ診察に行けば取り除くことが可能です。

Copyright© 2019 【簡単解説だれでも分かる】いぼ治療の完全ガイド! All Rights Reserved.